戦後からの脱却へ!学校給食甲子園の役割と基礎講座

【戦後からの脱却へ!学校給食甲子園の役割、

 基礎講座】

★皆さんは学校給食甲子園という大会がある

ことをご存知ですか?


遺伝子組み換え食品や、食品添加物だらけの

日本の食の流通市場において、子供たちの食

育に最も貢献する可能性が高い、学校給食の

在り方や、今後の目指し方について、一緒に

考えてみましょう!

★日本は、終戦直後の食料難を乗り切るため、

学校給食に小麦(パン)を入れ込むことを条

件に、アメリカから大量の小麦粉を輸入しま

した。

以来、古来から継続していた、ご飯とみそ汁

文化から、パン食文化が日本の食文化を変え

ていきました。当時給食でパンを食べ続けて

きた子供たちは、その食育的効果により、大

人になり、高齢者となっても、パン食を基礎

とする生活から離れられません!

そんなパン食主体だった学校給食のメニュー

が、戦後65年目にして、やっと、古来から

日本人の命と健康を守ってきた、米飯と汁物

(ご飯とみそ汁)という、和食の基本中の基

本のメニューがメインになったのです!

★2006年から始まった、学校給食甲子園!

経緯を検証しながら、古来から日本人の命と

健康を守ってきた日本の食文化の本質を見つ

め直し、食の分野においても、敗戦後の日本

から真の意味での脱却し、独立を果たす意味

や価値を、一緒に考えましょう!

また、新たなる子供たちへの食育の在り方を

通して、食料自給率が39%と危機的レベル

に陥っている日本の食の国家安全保障の在り

方や、自給率向上への方法を、一緒に考えて

参りましょう!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★遺伝子組み換えでない、安心・安全な国産大

豆プロテインの普及と拡散にご協力願います!

★食育&6次産業化推進(アフィリエイト)セ

ンターのアフィリエイターさん募集中です!

★募集ページ

http://goo.gl/P2f8GQ

★募集映像


食育&6次産業化推進センター

日本の国土は美しく、日本人は縄文の世から四季折々の自然と共存し、米と大豆を中心にした農耕で自らの命と健康を守り続けてきました。和食が世界無形文化遺産となり、その美味しさだけではなく、日本人の健康な身体と心を作るのに欠かせない、栄養に満ち溢れたかけがえのない食文化であることを、一緒になって見直し、日本の美しい国土と食の幸を皆で分かち合いましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000