ご飯とみそ汁で元気になろう!「鶏むね肉ともやしのピリ辛ラー油炒め」&  「菜の花のみそ汁」

【ご飯とみそ汁で元気になろう!】

 「鶏むね肉ともやしのピリ辛ラー油炒め」&

 「菜の花のみそ汁」

★まだまだ、九州では強い余震が続いていて心配ですね。

 さきほど、弱めでしたが、東北でも地震があり、

 東京もすこし揺れました。

 九州だけのことではなく、「今日にでも大震災が自分の

 周辺に襲来する!」という気構えが必要ですね!

 少なくとも、最初の一撃から命を守ることに集中した

 「備え」をしておくことが、必須だと思います!

☆被災を実際に経験した方から、そのときの現場の状況を聞くと、

 何らかの理由で、避難所に行きたくても行けない人、

 行きたくない人など、自宅待機の方が、難民状態になっている

 場合が、結構あるのだそうです!

★テレビや報道、自衛隊による炊き出しなど、

 比較的大がかりな避難所は、報道されるので、

 外からでもその様子を知ることができ、

 その様子が活発であればあるほど、安心してしまいますが、

 自宅待機で難民状態になっている方々の様子は、

 報道されにくく、目に触れず、情報も入らないので、

 そういう方への食料や、水などの支援が、とても大切だと

 思います。

※地震によって傷ついた心や、疲労困ぱいの身体を癒しましょう!

 今日も、日本人の元気の源、ご飯とみそ汁で乗り切りましょう!

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★おにぎりは「「鶏むね肉ともやしのピリ辛ラー油炒め」です!

 資料提供者の稲益智佳子さんいわく、

 『見た目の優しいイメージを一掃するような、

  インパクトのある、味と歯ごたえにびっくり!』

 シャキシャキの後のピリッとした辛味が、

 とても心地よいのです(^O^)/

★みそ汁は「春の菜の花のみそ汁」です!

 資料提供者の平川由香さんいわく、

 『思いっ切り菜の花を強調して、あとはシンプルにしました!』

 『最後にお椀に削り鰹(カツオ)を入れ、昆布だし汁のお味噌汁

  を注げば、たちまち、鰹の香りがほどよく薫ります!』

  削り鰹は、具材にもなるので、

  残すとこ無し、ストレス無し(^_−)−☆

※やっぱり、日本人の身体と心を癒すのは、みそ汁の

 シンプルで、深い味わいなのですね(^O^)/

 【具材】

  ・菜の花:京都産

  ・削り鰹:本枯れ節

  ・だし:昆布水だし汁、日本酒

  ・味噌:二年熟成米味噌(井上麹店)

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

100%国産無添加食品

「食育&6次産業化推進センター」

http://syokuiku6jika.jp

食育&6次産業化推進センター

日本の国土は美しく、日本人は縄文の世から四季折々の自然と共存し、米と大豆を中心にした農耕で自らの命と健康を守り続けてきました。和食が世界無形文化遺産となり、その美味しさだけではなく、日本人の健康な身体と心を作るのに欠かせない、栄養に満ち溢れたかけがえのない食文化であることを、一緒になって見直し、日本の美しい国土と食の幸を皆で分かち合いましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000